募集要項
マイン高等学院ブログ
留学プログラム
トライアルレッスン
屋久島スクーリング
屋久島スクーリング
卒業生・在校生の声
マイン高等学院ブログ
マイン高等学院ブログ

マイン高等学院では、無料の学校説明会・見学会、個別進路相談会を実施しております。

ご都合が合わないという方々を支援するため、ご自宅への家庭訪問相談も可能です。

パンフレットを無料で郵送いたします。資料請求フォームからご請求ください。

Facebook

資料請求
えんぴつの詩

まず初めに、たくさんある全日制高校やサポート校の中から、
マインを知ったきっかけは何でしょう?
[お母様] インターネットからKTCを知り、KTCからマイン高等学院中津キャンパスを紹介してもらいました。
[光くん] 親の紹介でKTCを知りましたが、通うには遠いこともあって、マイン高等学院中津キャンパスを紹介してもらいました。
では、入学しようと思ったきっかけは?
[光くん] 何よりも、まず高校卒業の資格がほしかったからです。 その中でマイン中津キャンパスに決めたのは、見学の時に見た教室や、授業の様子がアットホームだったからです。
『どのようなお子様に育ってほしい』という願いでマインへの入学を決められましたか?
[お母様] 無事に通学して卒業して欲しいと思いました。 前の高校に通えなくなってから、家の中に引きこもりがちになっていたので、外に出ていろいろな事に興味を持ってもらいたいと思いました。
そして、将来的には自立して生きていけるきっかけになって欲しいと思い入学を決めました。
入学前・入学後、期待していたことや何か不安はありましたか。
[光くん]  まずは学校に通えるかどうかです。それが一番不安でした。
始めの入学ペースに比べ、ほとんど毎日のように通ってくれるようになりました。心境の変化は?
[光くん]  何より、屋久島へのスクーリングがきっかけでした。 スクーリング中の体験を通して学校という場所や、友達とのコミュニケーションの楽しさを思い出したからです。
お母様にお聞きしますが、入学前の光君はどのようなお子様でしたか?
[お母様]  高校に通えなくなってからは、家の中でゲームをしたりして過ごしていました。 とにかく引きこもりがちになっていたので、少しでも家の外との関わりを持って欲しいと考えていましたが、親としては、焦らず様子を見守っていました。
学校生活を送る上で、思い出に残る楽しい出来事はありますか?
[光くん]  マインの生活で楽しいのは、友達や先生との会話やコミュニケーションです。 具体的には、いろんな行事のときやトライアルレッスンの時はもちろん、休憩時間などの雑談なども含めてとても楽しいです。 授業などは全部とても楽しいですが、やっぱり屋久島へのスクーリングが一番です。 スクーリング中には色々な体験ができます。 また、同じキャンパスの生徒や、他のキャンパスの生徒との交流や情報交換がとても楽しかったです。 屋久島の先生方もとても親切で楽しい話をしてくれました。
[お母様]  確かに屋久島へのスクーリングがいいきっかけになったみたいです。 スクーリング後に駅に迎えにいったとき、改札口から出てきた、この子の顔が別人のように輝いていました。 その後は、色々なことに積極的に、前向きになりました。 家でも学校での勉強や友達・先生との話しなど、学校での出来事を話してくれるようになりました。 今は、色々なことに興味を持っているようなので、何にでもチャレンジしてもらいたいです。
マインの教務スタッフは親身に相談にのり、接してもらえましたか?
[光くん]  はい。 日常生活や学校のことなど、よくアドバイスしてくれます。 どの先生も、人生経験など交えてのアドバイスなので、とてもためになるし、楽しいです。
マインのこういうところが良い!という魅力はありますか?
[光くん]  なんといっても自由なところ。 服装や通学時間の自由もあるけど、一番ありがたいのが、生徒一人一人が素直に自分の意見を言える雰囲気を作ってくれているところ。
マインで特に前向きに取り組んでいることは何ですか?
[光くん]  友達作りと勉強です。 勉強は、進学を考えているので、そのための勉強と、その他にも一般常識も身につけていきたいです。
[取材者]  マインでは、友達と楽しそうに話していますね?
[光くん]  はい。 相手の気持ちを考えて、積極的に自分からコミュニケーションをとるのが楽しいです。
入学前の『自分』と比べ、入学後に新しい『自分』は発見できましたか?
[光くん]  できました。
人とのかかわりが、とても楽しく、大切であることを知りました。
マインにおける高校生活の中で、お子様から悩み相談などはありましたか?
[お母様]  友人関係についてありました。 仲の良い友達との距離感について悩んでいるようでした。
[取材者]  相談があった時、お母様はどのようなアドバイスをされたのですか?
[お母様]  友人関係を続けていく上で、相手との距離感や関係を作っていくものだと伝えました。 また、不安な面については、先生にも伝えて協力してもらいました。
転校時から現在まで、お子様の成長の姿を見守られながら、表情など何か変化はありましたか?
[お母様]  最初は、なかなか通学できず不安もありましたが、初めてのスクーリングからかわりましたね。 最近は、おしゃれなどいろんな事に興味を持ってくれるようになりました。 何より家の外に興味が向き始めたことが一番の変化です。
マインに入学されて改めて思われるマイン(通信制高校サポート校)の
役割・必要性などはいかがでしょう?
[お母様]  入学前は通信制やサポート校など、どんなところかもわからず不安でした。 入学後は、勉強や通学など、それぞれの子にあったペースでできるので、とても通いやすいです。
特に、マイン中津キャンパスは少人数でアットホームなので、先生方が親身になってくれ、コミュニケーションをとってくれるのでありがたいです。 教室でも、今誰が来て、何をしているかなどしっかり見てくれているので安心します。
[光くん]  中津マインを通して、友達など人とのつながりができ、知らない土地の人とも知り合えました。 通学できてない人や、転校を考えている人にとっては、自分のペースで通えるということがとても重要になってくると思うので、マインの自由な点はとても必要だと思います。
これから進学する高校選びをされている中学生・様々な事情で転校先を探そうとしている高校生のお子様をもつ親御さまへ、何かアドバイスはありますか?
[お母様]  やはり、人は社会との交流や、集団に所属しているということが大切だと思います。 マインは全日制の高校に比べて、とても通いやすい場所になっていると思います。 ぜひ、悩んでいる子にはマインを知ってもらいたいです。
[光くん]  今、学校に行かなかったら後々大変だと思うし、周りの人に心配や迷惑をかけます。 でも、何より自分のために一歩を踏み出してほしいです。 通信制高校サポート校ときくと友達ができなさそうとか思うかもしれませんが、実は、普通の高校より、友達といろいろな話をすることができる学校です。 ぜひ、前に進んで欲しいです。 やらずに後悔するなら、やって後悔しましょう。
最後の質問になりますが、卒業後の進路を含め、これから『どのような社会人になっていきたい』を思っていますか?
[光くん]  大学進学に向けて、勉強を頑張りたいです。そして、将来は、人のためになる仕事をし、誰からも愛されるような人間になりたいです。
[お母様]  進路は本人の希望もあり、進学です。マインでは生徒の学力に合わせて指導してくれるので大変ありがたいです。進学など、自分のやりたいことや、興味のあることにチャレンジして欲しいです。学校に通えなくなった一因でもありますが、とても感受性が豊かなところがあると思います。以前は短所だと感じていたようですが、これも一つの能力だとおもうので、ぜひ自分を生かせる道を見つけて欲しいと思います。
今回のインタビューを通して、逆にマインのスタッフである私自身も生徒・保護者の方々がマインを良いと感じて頂いている特徴に改めて気づくことも出来て本当に良かったです。
今後の活躍応援しております。今日は長いお時間ありがとうございました。

マイン高等学院についてお問い合せは

個別相談資料請求
個別相談資料請求
ページ先頭へ戻る

ディック学園グループサイト